【偏差値75】大塚達宣の学歴は?スポーツ推薦でも一般入試で入学した理由とは?

2024年1月28日スポーツ選手,トレンドニュース

大塚達宣
※アフェリエイト広告を利用しています。

バレーボールの男子日本代表として活躍する大塚達宣さん。

大塚達宣さんは、勉強もスポーツもできる秀才として有名です。

今回の記事では、大塚達宣さんの学歴についてご紹介します。

大学も高校も偏差値の高い進学校ですよ。

早速詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

大塚達宣のプロフィール

大塚達宣
引用:PANTHERS

大塚達宣さんのプロフィールをご紹介します。

  • 名前:大塚達宣
  • 愛称:タツ
  • 生年月日:2000年11月5日
  • 出身地:大阪府枚方市
  • 血液型:A型
  • 身長:195cm
  • 体重:87kg
  • ポジション:アウトサイドヒッター
  • リフレッシュ法:寝ること
  • 休日の過ごし方:予定が合う時は、家族と温泉旅行
  • 好きな食べ物:母と祖母が作るとんかつ
  • 性格:計画性がありサボらない
スポンサーリンク

大塚達宣の学歴は?

大塚達宣
引用:PANTHERS

大塚達宣さんの学歴について詳しく見ていきましょう。

高校も大学もとっても偏差値の高い学校で勉強もスポーツも万能な方ですよ。

出身大学

早稲田大学
引用:マナビジョン

大塚達宣さんの出身大学は、早稲田大学スポーツ科学部です。

偏差値は65と非常に高いですね。

大塚達宣さんは、高校卒業後にVリーグチームからお誘いがあったそうです。

ですが、早稲田大学へ進学したのには理由があったのだとか。

早稲田に進学した理由
  1. 将来は指導者になりたいので、教員免許を取りたいから
  2. アスリートとして得られる知識も増やしたかったから

アスリートとして、トレーニングやスポーツ科学、コーチングの面でもトップレベルの場所で人として成長したいという気持ちがあったそうですよ。

しっかりと将来の進路を考えているところがすごいですね。

スポンサーリンク

出身高校

洛南高等学校
引用:洛南高等学校

大塚達宣さんの出身高校は、洛南高等学校です。

偏差値は72〜75とこちらも超進学校ですね。

東京大学や京都大学などの国立大学への進学者をたくさん輩出している名門学校として知られています。

洛南高校を選んだのもきちんと理由があったそうですよ。

洛南高校を選んだ理由
  1. 実家から通えるから
  2. 文武両道を志していたから

大塚達宣さんは、高校時代から頭脳明晰でバレーボールでも優秀だったそうです。

練習試合をした相手から学べるものがあれば、すぐに取り入れて実践して、チームの戦い方を観察。

実際の試合では、新しいパターンをつくるなど試合面でも能力を存分に発揮していたようですね。

スポンサーリンク

大塚達宣がスポーツ推薦でも一般入試で入学した理由とは?

大塚達宣
引用:PANTHERS

大塚達宣さんは、スポーツ推薦で洛南高等学校に進学していますが、一般入試も突破したそうです。

そこには、

「勉強もしながらバレーもしたい」

という思いがあったのだとか。

洛南高等学校では、一般クラスに所属しながらバレーを続けていました。

スポンサーリンク

まとめ

大塚達宣
引用:月バレ.com

今回の記事では、大塚達宣さんの学歴についてご紹介しました。

大塚達宣さんの出身大学は、早稲田大学スポーツ科学部です。

高校は、洛南高等学校を卒業しています。

どちらも偏差値の高い進学校ですね。

将来のことも考えて、文武両道を目指す、大塚達宣さんの努力が素晴らしいです。

今後の活躍も応援していきましょう。

合わせて読みたい