Zenyum(ゼニュム)透明マウスピース矯正終了!6ヶ月後の変化に驚きが止まらない!!

美容

※アフェリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

ゼニュムの透明マウスピース矯正を開始してから6ヶ月が経過しました。

このブログでは、ゼニュムのマウスピース矯正を始めるにあたって、無料診断を受けるところからレポートしてきました。

今回は、9回目のレポートになります。

これから矯正を始めようと思っている方や、マウスピース矯正が気になるけれどどのマウスピース矯正を選んで良いのか悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

このブログを読んで、ゼニュムのマウスピース矯正をやってみたいと思った方は、ブログの後半でご案内している無料診断を受けてみてください。

スポンサーリンク

Zenyum(ゼニュム)とは?

ゼニュムは、2021年11月に海外から日本に上陸したばかりのマウスピース矯正ブランド。

すでにシンガポールや香港、台湾などで人気があり、日本は9拠点目。

現在は日本でもかなり注目が集まっている透明マウスピース矯正ブランドなんです。

矯正というと、ワイヤーを歯に装着するイメージを持ちますよね。

笑った時にワイヤーが見えたり、食事の時にも気になってしまうことも多いので矯正になかなか踏み切れない方も多いと思います。

さらに、矯正はお金がかかるので資金的にも手を出しづらい印象ですよね。

でも、ゼニュムの透明マウスピース矯正は通常の矯正は通常の矯正と比べて、比較的挑戦しやすい価格設定になっています。

というのも、ゼニュムの透明マウスピース矯正は、まずは無料の初期診断をスマホで行います。

治療開始後もゼニュム専用アプリで治療のモニタリングなどを行うため、通院回数が少なく済むんです。

その結果、費用が抑えられるようになっています。

ゼニュムの透明マウスピース矯正の値段とメリット、デメリットについてはこちらのブログで詳しくご紹介しています。

ぜひ、合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

Zenyum(ゼニュム)透明マウスピース矯正治療の流れ

前回のブログでもご紹介しましたが、ゼニュムの透明マウスピース矯正の流れはこんな感じ。

①歯の写真撮影を行う

治療を始める前に、スマホで自分の歯の写真を撮影します。
送った写真を元に、ゼニュムの歯科医師が治療に適合しているかどうか確認してくれます。

②パートナークリニックで精密検査を行う

治療ができると判断されると、ゼニュムのパートナークリニックへと案内されます。
クリニックでは3D口腔内スキャンやX線検査などを行います。(費用は約2万円程度)

③治療計画の確認とお支払いをする

歯科診療を元にゼニュムが治療計画を立ててくれるので、確認してOKであればマウスピース矯正を購入します。

④いよいよ治療スタート

4週間前後に矯正用のマウスピースが到着。矯正中に治療計画の変更があった場合は、再検査もやってくれるそうです。

⑤綺麗な歯並びを維持する

矯正後の綺麗な歯並びを維持するために、リテーナーという専用器具を使って歯並びを維持します。

5ヶ月後の経過を見る前に、これまでの治療経過について詳しく知りたい方は下記のブログも合わせてご覧ください。

・無料診断後に提示された矯正治療計画

実際の歯の動きを3Dで詳しく見ることができます。

スポンサーリンク

・マウスピースが完成して初めてつけた時の様子

到着したマウスピースの写真と、実際に装着した写真を載せています。

・矯正開始後1ヶ月の様子

マウスピースを装着し始めてから1ヶ月経った歯の写真を載せています。

着用感についても詳しくレビューしています。

・矯正開始後2ヶ月の様子

ますスピースを装着し始めてから2ヶ月経った歯の写真を載せています。

大きな変化を感じ始めたのは2ヶ月目からでした。

スポンサーリンク

・矯正開始後3ヶ月の様子

もうほとんど綺麗な歯並びに近づいて嬉しくなりました。

・矯正開始後4ヶ月の様子

周りの人から褒められ出したのはこの頃からでした。

・矯正開始5ヶ月後の様子

この頃にはすでに完成形が見えていました。

スポンサーリンク

Zenyum(ゼニュム)透明マウスピース矯正治療6ヶ月後の様子は?

治療を開始してから6ヶ月。

1つのマウスピースに対して10日間使用するので、18枚目のマウスピース(最後のマウスピース)に突入しました。

治療開始前から6ヶ月経った歯の様子はこんな感じです。

綺麗に歯並びが揃っています。

治療に大満足です!!

スポンサーリンク

最後のマウスピース終了後の流れ

最後のマウスピースをつけて10日経つ頃に、ゼニュムのアプリから連絡が来ます。

こんな感じで、5枚写真を撮って送るように指示が出ています。

実際に撮る写真は、

①正面からの笑顔の写真

②口を開けて下の歯を見せる写真

③口を開けて上の歯を見せる写真

④、⑤横向きの写真(左右それぞれ1枚ずつ)

こんな感じで写真撮影して、あとはゼニュムからの診断結果を待つだけです。

結果が出るまでには数日かかりました。

無事に終了となるのか、追加のマウスピースでさらに治療を進めるか、ゼン・ステージと呼ばれる治療後に緩んだ歯を引き締めるための追加のマウスピースを使うのか3パターンに分かれます。

ちなみにゼン・ステージは1番初めにマウスピースを受け取った時点で、2枚入っていました。

私の場合は、これで無事に治療終了と言われました。

再び、定型歯科医院に来院してアタッチメント除去(歯の表面に取り付けたマススピースをしっかり固定させ離ためのポッチのようなもの)を行い、最終確認をしてきました。

あとはリテーナーの到着を待つだけです。

リテーナー到着までにはおよそ1ヶ月ほどかかります。

スポンサーリンク

リテーナーについて

リテーナーはこんな感じで届きました。

矯正終了後3ヶ月程度はまだこれまでと同じような感じで装着するみたいです。

年数が経つにつれて徐々に装着時間が短くなります。

綺麗な歯並びを保つために、リテーナーは重要ですね!!

スポンサーリンク

Zenyum(ゼニュム)の透明マウスピース矯正の始め方

ゼニュムのマウスピース矯正を受けたい方は、まずは無料診断を行う必要があります。

こちらから無料診断を行うと、矯正代が15000円OFF

↓↓↓

無料診断の様子も詳しく解説しますので、このブログを見ながら一緒にやってみてくださいね。

画面一番下の「無料診断を開始」をクリックします。

氏名やメールアドレスなどの基本情報を入力し、利用規約を読んでチェックを入れて次へをタップします。

矯正に関する質問に答えたら次へをタップします。

ここからは写真撮影に入ります。

写真は携帯のカメラで自分で簡単に撮影することができます。

画面の指示に従って撮影をしていきましょう。

画面の上部に見本が出てきますので、見本通りに写真を撮ります。

合計で4枚の写真を撮り終えたら撮影完了です!

あとは、ゼニュムから診断結果が来るのを待ちましょう。

診断結果は2〜3日程度で届きますよ。

ゼニュムのマウスピース矯正は、治療費が324,500円(税込)と通常のワイヤー矯正よりも手を出しやすい価格で行うことができます。

マウスピースを作成する前の歯科診断で約2万円(クリニックによって変動あり)かかりますので、合計でおおよそ35万円程度で矯正が完了します。

こちらから無料診断を行うと、矯正代が15000円OFF

↓↓↓

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、ゼニュムの透明マウスピース矯正が終了した感想をレポートしました。

まさか半年でしっかり歯並びが揃うとは思っていなかったので、びっくり!

これまでの日常生活と変わらず矯正中もご飯を美味しく食べることができ、トラブルなく過ごせたことは本当に良かったと思います。

初めの数日は多少の痛みがありましたが、慣れてくるとマウスピースをつけていることを忘れるくらいでした。

(あくまでも個人の感想です)

これからもこの綺麗な歯並びを維持していきたいです。

マスク生活が終わりを迎えたら、自信を持って笑顔で過ごせますね。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

人気ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 OL日記ブログへ