Zenyum(ゼニュム)透明マウスピース矯正の治療の流れを詳しく解説!歯の動きも写真付きでご紹介

2022年6月26日ブログ

歯並びをキレイにするために矯正をしたいけれど、お金がかかりそう・・・。

周りの人に矯正していることを知られたくないと思ったことはありませんか?

長引くマスク生活で、テレワークをする機会が増えた方も多いと思います。

zoomなどのWeb会議で、改めてパソコンの画面に映った自分の歯並びを見て歯列矯正を考え始める人が増えているのだそうです。

そんな方にオススメしたいのが、ゼニュムの透明マウスピース矯正です。

ゼニュムでは、費用を抑えながら治療を開始することができ、通院回数も少なく済むので今とっても注目が集まっているんです。

今回のブログでは、ゼニュムの治療計画についてご紹介していきます。

実際に私の歯の様子も載せておりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

このブログを見て、ゼニュムで治療したいと思った方は後半でご紹介している無料診断を受けてみてください。

Zenyum(ゼニュム)とは?

ゼニュムは、2021年11月に海外から日本に上陸したばかりのマウスピース矯正ブランド。

すでにシンガポールや香港、台湾などで人気があり、日本は9拠点目。

現在は日本でもかなり注目が集まっている透明マウスピース矯正ブランドなんです。

矯正というと、ワイヤーを歯に装着するイメージを持ちますよね。

笑った時にワイヤーが見えたり、食事の時にも気になってしまうことも多いので矯正になかなか踏み切れない方も多いと思います。

さらに、矯正はお金がかかるので資金的にも手を出しづらい印象ですよね。

でも、ゼニュムの透明マウスピース矯正は通常の矯正は通常の矯正と比べて、比較的挑戦しやすい価格設定になっています。

というのも、ゼニュムの透明マウスピース矯正は、ますは無料の初期診断をスマホで行います。

治療開始後もゼニュム専用アプリで治療のモニタリングなどを行うため、通院回数が少なく済むんです。

その結果、費用が抑えられるようになっています。

ゼニュムの透明マウスピース矯正の値段とメリット、デメリットについてはこちらのブログで詳しくご紹介しています。

ぜひ、合わせてご覧ください。

Zenyum(ゼニュム)透明マウスピース矯正治療の流れ

前回のブログでもご紹介しましたが、ゼニュムの透明マウスピース矯正の流れはこんな感じ。

①歯の写真撮影を行う

治療を始める前に、スマホで自分の歯の写真を撮影します。
送った写真を元に、ゼニュムの歯科医師が治療に適合しているかどうか確認してくれます。

②パートナークリニックで初期診断を行う

治療ができると判断されると、ゼニュムのパートナークリニックへと案内されます。
クリニックでは3D口腔内スキャンやX線検査などを行います。(費用は約2万円程度)

③治療計画の確認とお支払いをする

歯科診療を元にゼニュムが治療計画を立ててくれるので、確認してOKであればマウスピース矯正を購入します。

④いよいよ治療スタート

4週間前後に矯正用のマウスピースが到着。矯正中に治療計画の変更があった場合は、再検査もやってくれるそうです。

⑤綺麗な歯並びを維持する

矯正後の綺麗な歯並びを維持するために、リテーナーという専用器具を使って歯並びを維持します。

前回のブログでは、①の歯の写真撮影を行い、無料診断を行いました。

今回のブログでは、②のパートナークリニック受診と③の治療計画についてレポートしていきます。

Zenyum(ゼニュム)パートナークリニックを受診

無料診断を経て透明マウスピース矯正ができると判断されたので、早速ゼニュムのパートナークリニックに行ってきました。

私が来院したのは、渋谷にある「渋谷ルーブル歯科・矯正歯科」さんです。

矯正歯科に行くのは初めてだったので緊張していましたが、院内の待合室はとってもオシャレな内装でした。

診察室はそれぞれパーテーションで仕切られていて、一つ一つの診察ブースが広々しているのでゆったりと診察を受けることができます。

大きな窓があるので、閉塞感もないのがいいですね。

クリニックでは、まずは歯の健診を行なって虫歯がないかと歯茎のチェックをしてもらえます。

その後、レントゲン撮影と歯の3Dスキャンで診断をおこなっていきます。

3Dスキャンで撮影した歯の様子はブログの後半でご紹介しますね。

3Dスキャンをしたことがないので、とっても貴重な体験でした。

撮影が終了すると、歯石除去などを行い終了です。

来院から含めて1時間程度で終了します。

来院後2週間程度でゼニュムから治療計画出来上がりの連絡が入り、どのように治療を進めていくのか確認していきます。

パートナークリニックについては、ゼニュムの公式ホームページでも確認してみてくださいね。

ゼニュムのホームページはこちらから

Zenyum(ゼニュム)透明マウスピース矯正治療計画

クリニックで撮影した3Dスキャンを元に、ゼニュムの歯科医師と提携クリニックの歯科医師確認の元で治療計画書が作成されます。

ます、私の現在の歯並びはこんな感じです。

写真で見て分かる通り、上は前歯が2本少し出っぱっています。

さらに、下の前歯がすきっ歯です。

これを3Dスキャンの画像で見ていきましょう。

まずは下のすきっ歯から

これが治療開始から治療開始後にどうなるのかというと・・・

ご覧の通りしっかりと隙間が埋まっています。

上から見るとこんな感じ

すきっ歯は以前からとっても気にしていたので、この隙間が埋まるだけでもだいぶ印象が変わりますよね!

続いて上の歯を見ていきます。

前歯2本出ている部分が、前から見ても曲がっています。

これが治療開始から治療開始後にどうなるのかというと・・・

ご覧の通り、まっすぐに揃うようになります。

さらに上の歯と下の歯を噛み合わせた時に、真ん中できれいに揃っています。

それだけでも顔の印象がグンと良くなるのだとか。

上から見るとこんな感じ

重なり合っていた歯がしっかりと綺麗に揃うようになります。

横から見るとこんな感じ

横から見るとかなり歯が出ているのがわかりますが、矯正後はきれいなアーチになります。

矯正後がどうなるか今からすごく楽しみです!

マウスピースは1ヶ月程度で来院したクリニックに届くみたいです。

治療に必要なマウスピースの量はどのくらい?

治療で必要なマウスピースは全部で20枚。

1枚あたり10日間使用するみたいなので、全部で200日分になります。

およそ7ヶ月程度マウスピースをつけて生活することになりますね。

もしも途中でマウスピースが入らなくなったら?

治療中に万が一マウスピースが入らなくなってしまった場合は、再度パートナークリニックでスキャンの取り直しを行うそうです。

ゼニュムでは、専用アプリで治療経過をゼニュム側と確認しながら進めていきます。

気になる点は、ゼニュムアプリのマイページ上にあるお問い合わせから連絡。

電話・メール・チャットで対応してくださいます。

ゼニュムのアプリはこちら

Zenyum(ゼニュム)の透明マウスピース矯正の始め方

ゼニュムのマウスピース矯正を受けたい方は、まずは無料診断を行う必要があります。

無料診断はこちらから

こちらのリンクから無料診断を行うと、矯正代が15,000円割引になります。

↓↓↓

無料診断の様子も詳しく解説しますので、このブログを見ながら一緒にやってみてくださいね。

画面一番下の「無料診断を開始」をクリックします。

氏名やメールアドレスなどの基本情報を入力し、利用規約を読んでチェックを入れて次へをタップします。

矯正に関する質問に答えたら次へをタップします。

ここからは写真撮影に入ります。

写真は携帯のカメラで自分で簡単に撮影することができます。

画面の指示に従って撮影をしていきましょう。

画面の上部に見本が出てきますので、見本通りに写真を撮ります。

合計で4枚の写真を撮り終えたら撮影完了です!

あとは、ゼニュムから診断結果が来るのを待ちましょう。

診断結果は2〜3日程度で届きますよ。

ゼニュムのホームページはこちらから

Zenyum(ゼニュム)の矯正費用は分割払いできる?

ゼニュムの矯正費用はクレジットカードでの分割払いが可能です。

支払い回数は3回〜24回まで選択することができるので、ご自身の無理のない範囲で設定しましょう。

ちなみに、3回払いまでは手数料はかからないそうです。

また、ショッピングローンで支払うこともできますよ。

その場合は、支払い回数を最大60回まで選択することが可能です。

ゼニュムのマウスピース矯正は、治療費が324,500円(税込)と通常のワイヤー矯正よりも手を出しやすい価格で行うことができます。

マウスピースを作成する前の歯科診断で約2万円(クリニックによって変動あり)かかりますので、合計でおおよそ35万円程度で矯正が完了します。

無料診断はこちらから

こちらのリンクから無料診断を行うと、矯正代が15,000円割引になります。

↓↓↓

マウスピース矯正が出来上がったときの記事はこちら

まとめ

今回は、ゼニュムのパートナークリニックに受診した様子と治療計画について詳しくご紹介しました。

3Dスキャンで自分の歯がどのように動いていくのか詳しく分かるので、安心して治療に臨めますね。

次回はいよいよマウスピースの受け取りです。

マウスピースが完成したらまた写真付きで詳しくご紹介いたしますので、楽しみにお待ちください。

最後までご覧くださり、ありがとうございました。

人気ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 OL日記ブログへ