天彩峰里はハーフ?お琴もひけるお嬢様?可愛い画像も!!

2023年10月1日トレンドニュース,宝塚歌劇団

天彩峰里
※アフェリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

宝塚歌劇団の宙組で娘役を演じている天彩峰里さん。

一度見たら忘れられないくらい、その姿が可愛いすぎると話題になっています。

さらに、歌声も天使なのだとか。

そんな天彩峰里さんは、ハーフなのではないかという噂もあります。

今回の記事では、天彩峰里さんはハーフなのかとお琴もひけるお嬢様なのかについて調査してみました。

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

天彩峰里プロフィール

天彩峰里
引用:宝塚歌劇団公式HP

天彩峰里さんのプロフィールをご紹介します。

天彩峰里さんは、宝塚歌劇団の100期生で、現在は宙組です。

2012年4月に宝塚音楽学校に入学、2014年3月に宝塚歌劇団に入団しています。

  • 名前:天彩峰里(あまいろ みねり)
  • 本名:芥田樹里(あくた じゅり)
  • 誕生日:3月26日
  • 出身地:兵庫県宝塚市
  • 出身校:宝塚市立御殿山中学校
  • 身長:164cm
  • 初舞台:2014年3月「宝塚をどり」
  • 愛称:じゅり、みねり、じゅっちゃん
  • 血液型: AB型
  • 配 属:星 組→宙 組→月組(2023年12月に組替)
  • 初舞台:2014年3月『宝塚をどり』『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
  • 趣味:散歩、映画鑑賞
  • 集めている品:アクセサリー
  • 好きな花:バラ、紫陽花、山茶花
  • 好きな色:ピンク、白、黄
  • 好きな食べ物:祖母の作る唐揚げ、白桃
  • 特 技:新体操、琴
  • 受賞歴:2021年「阪急すみれ会パンジー賞」新人賞
        2022年「宝塚歌劇団年度賞」2021年度努力賞

ちなみに入団時の成績は5番だったそうで、かなり優秀な方であることがわかりますよね。

天彩峰里さんのより詳しい経歴はこちらでまとめています。

スポンサーリンク

天彩峰里はハーフ?

天彩峰里さんを検索すると、「天彩峰里 ハーフ」と検索画面に出てくるのですが、ハーフなのでしょうか。

結論から言うと、天彩峰里さんはハーフではありません。

そもそも本名が芥田樹里(あくた じゅり)さんなので、ご両親も日本人です。

スポンサーリンク

天彩峰里がハーフと言われる理由は?

天彩峰里さんが、ハーフと言われるのはSNS上でファンが「ハーフみたい」と投稿しているからだと思われます。

実際に、X(旧Twitter)では以下のような投稿がたくさん上がっていました。

X埋め込み

X埋め込み

X埋め込み

このように、みんながハーフみたいと発言しているので勘違いするファンが多いのかもしれませんね。

言われてみれば、確かにお人形さんみたいなハーフで可愛いです!ファンが魅了されるのもわかる気がします。

スポンサーリンク

お琴もひけるお嬢様?

天彩峰里さんの母様はピアノや歌をやっていたそうで、父親は昭和の歌が好きだったそうです。

そのため、幼少期はたくさんの音楽に囲まれて過ごしたのだとか。

天彩峰里さんは、お琴もひけるそうですよ!

お琴を習っていると聞くとお嬢様のイメージがありますよね。

そもそも宝塚に入団するためには、バレエや声楽などの実技試験に通らないといけません。

バレエや声楽を習ったり、宝塚入学のためにスクールに通っていたとすると、相当のお金がかかっていたと思われます。

そう考えると裕福なご家庭だったのではないでしょうか。

ちなみに、二人のお兄さんがいます。

お兄さんたちとは一緒に野球をやったりバッティングセンターに行ったり、川遊びやキャンプ、近くの森で小さなログハウスを作って遊ぶなどしていたそうです。

活発な一面もあったのですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、天彩峰里さんがハーフなのかについて調査しました。

天彩峰里さんは、ハーフではありません。

本名は芥田樹里(あくた じゅり)さんで、ご両親も日本人です。

幼少期はお琴を習っていて、宝塚に入団するために色々と習い事をしていたと考えるともお嬢様の可能性も高いですね。

天彩峰里さんには下級生をいじめていたという噂もありました。

詳しくはこちらの記事でまとめています。